髭が青くならない方法って何かないですか?

除毛博士です!今回は、髭が青くならない方法についてお話ししていきます。ヒゲって、せっかく手間かけて剃ったにもかかわらず、あまりにも濃いと剃ってすぐでも青く見えちゃいますよね。

また、朝剃って夕方にはヒゲがニョキニョキ生えて青く見える方もいるでしょう。これだと見た目として不衛生ですし、今の年齢よりも老けて見えちゃいます。それに、周りの人からの視線もかなり気になるところですよね。

除毛博士
ですが、きちんと青くならない方法をおさえておけば今後青髭に悩まされることありませんので、今回の情報をご参考いただければと思います。では早速、髭が青くならない具体的な方法についてお話ししていきますね。

1.ヒゲの生える『スピード』を遅くして青く見せなくする

顔ひげが青く見えてしまう原因の一つとして、生えるスピードの速さが関係しています。特に男性ホルモンが多いと、せっかく剃ったにもかかわらず、すぐに次のひげが生えてきてしまいます。

正直、ホルモンバランスは自力でどうにかできる次元の話ではありません。ですが、『抑毛』としての効果があるアイテムを使用することで、ある程度ヒゲの生えるスピードを遅くすることができるんですね。

ご存知かもしれませんが、抑毛は『ヒゲを含むムダ毛の生えるスピードを遅くする』という意味です。抑毛対策をすることで髭の生えるスピードを遅くできるのですから、青さも目立たなくなります。

最近は抑毛専用の製品としてゼロファクター5αspローションが人気で、髭剃りのあとでも使えることから、青髭にお悩みの男性も使用しています。髭剃り後のアフターケアもできますし、抑毛効果に優れているためしっかりと活用できる便利なアイテムですよ。

また、即効性はなくとも徐々にヒゲを薄くできるため今後のヒゲの処理も簡単になりますし、肌をきれいにするスキンケア効果もあります。それに毛穴の引き締め効果もあるので、太いヒゲを細くできる特徴もあります。青ひげ対策として抑毛ローションを使用するのも、一つの手ですね。

>>青ひげが薄くなるゼロファクター5αspローションを使ってみました!

2.剃るのではなく抜いてみる

髭が青くならない方法として毛を抜く。これは一番手っ取り早いですね。ちょっと手間かかりますが、ヒゲを毛根から抜くことで次に生えてくる髭のスピードを遅くできるため、青髭を目立ちにくくできます。

写真にもあるように、特に皮膚が柔い口周りはかなりの激痛を伴いますが、髭剃りとは違って剃り残しもできないですしツルツルとした肌になれます。

ただ、毛抜きの場合だと毛穴が開きやすくなってしまい、次に生えてくるヒゲが濃くなるため定期的に『抜き』での処理が必要になってしまいます。一度抜いてしまえば4日ほど放置しても青く見えることはないため、緊急対策としてすぐにできる方法ですね。

そして毛抜きでの脱毛はメリットがある分、デメリットもいくつかありますので、それを理解した上で実践することをお勧めします。

毛抜きでヒゲを抜くことのデメリット4つ!対策方法も!

2018.11.01

3.気になる部位を脱毛してもらう

今後二度と青髭に悩まされない方法として、エステやクリニックでの脱毛という選択肢もあります。こちらはヒゲの濃い特定の部位だけを抜くことができますし、顔全体の脱毛もできます。

エステやクリニックでの脱毛を行うことで得られるメリットだけでなく、デメリットについてもまとめましたので、ご参考いただければと思います。

【メリット○】

  • ヒゲを薄くできるので目立ちにくくなる⇒青さも自然と消える
  • ヒゲが薄くなることにより、今後処理に時間をかけずに済む
  • ヒゲが目立たなくなることで、見た目年齢が若くなる
  • 肌をきれいに見せることができる
  • 特定部位だけ薄くできるので、おしゃれなデザイン脱毛もできる
  • 今後二度とヒゲが生えてこないように『永久脱毛』の選択もできる
  • 未成年でも親の同意書があれば脱毛できる

【デメリット×】

  • 長期的に見て最長でも1年通う必要がある
  • 数万円規模での投資が必要
  • 脱毛時の痛みに我慢する必要がある
除毛博士
このように、エステやクリニックでの脱毛はメリットが多く、非常に魅力的ですが当然デメリットもあります。多少お金をかけてでも、根本的にヒゲを薄くして青さをなくしたい場合は、一度お試しなどやってみる価値は十分にあります。また、『今後の人生で顔ひげなんて必要ないよ!』といった場合は、クリニックでの永久脱毛を行うのもいいですね。

最近では顔ひげ脱毛に関心を持つ男性も増えてきて、店舗が増えてきている分、価格としても一昔前のような驚く金額ではないです。トライアルパックとして格安で脱毛体験できるエステもあるので、まずはどんなものか試してみるのも良いですね。

この記事のまとめ

除毛博士
髭が青くならない方法としてお話しをさせていただきました。抑毛ローションや毛抜き、エステやクリニックでの脱毛などいくつか選択肢ありますが、まずはできる範囲内でトライしてみるといいです。

どうしてもお金をかけたくない場合は毛抜きがベストですが、デメリットがあることも踏まえて実践するようにしましょう。投資できる余裕が多少あれば、ひげを薄くする抑毛ローションやお試しの脱毛サロンを試すのもアリですよね。

>>青髭対策が手軽にできる抑毛ローションを使ってみました