青髭で老けて見えるんですけど、どうにかなりませんか?

除毛博士です!今回は、青髭のせいで老けて見えるツラいお悩みを解決できる方法として、いくつかご紹介します。青ヒゲだと、なんだか泥棒ひげのようにも見えますし、清潔感に欠けて不潔に見えるので、かなりネックに感じますよね。

それに、青鬚で老けて見えるせいで自分に自信が持てず、彼女ができないなど深刻に悩んでますなどといった声もよく耳にします。

除毛博士
そこで、できるだけ早急に青髭を解消できる方法として早速お伝えしていきますので、深刻な青髭のお悩みでしたらぜひご参考いただければと思います。

1.毛抜きで抜いて目立たなくさせる

毛抜きでの髭脱毛。これは一番手っ取り早くできる方法ですね。青ヒゲって、毛が太くて濃いから目立つため、いっそのこと抜いちゃえば青さが無くなりますし、見た目スベスベ肌にもなれます。

カミソリやシェーバーで剃るのと比べると、毛抜きの場合は髭を根元から抜くのですから、当然生えるスピードも遅くなります。ここを毛抜きでうまく調整することで、髭が伸びてきたときの青さもなくなります。

もちろん最初は手間や時間もかかりますが、一度抜いてしまえば数日は生えてこないですし、生えてきた時のメンテナンスも非常に楽です。ただ、毛抜き独特のデメリットもあるため、この部分にも注意して選択すべきだと言えます。

毛抜きでヒゲを抜くことのデメリット4つ!対策方法も!

2018.11.01

2.より深く髭を剃り、ファンデーションで隠す

除毛博士
毛抜き以外の方法でも、より髭を深剃りすることで青髭も目立ちにくくなり、見た目を若くすることも可能です。普段、なにげなくやってる髭剃りを正しいやり方に変えるだけでも、深い部分までジョリジョリできるため、青くなりにくいんですね。

要は、次生えてくるヒゲをなるべく残さないように、深いところまで剃っちゃえばいいだけの話です。そのために、ひげ剃る前に顔を温めておいたり、刃数の多いカミソリを使用する。深く剃れるシェービングフォームを用意するなど、ちょい手間かかりますが、青さを目立ちにくくできます。

より髭を深剃りする方法は下記のページに細かくまとめていますので、もしよろしければそちらもご一読いただければと思います。

髭剃りを簡単にする方法と正しいやり方をシェアします

2018.11.01

で、髭を深剃りしたら、青さを隠す仕上げとして、ファンデーションを使うのも一つの手です。ファンデーションは女だけのメイク道具と思われがちですが、最近では青髭対策として活用できる男性用のアイテムもあります。

ファンデーションの色でヒゲを目立たなくする

つまり、ファンデーションで髭を肌の色に変えてしまい、青さを隠しちゃうんです。毛抜きのように、肌を傷つけることなく青髭対策を行う場合は、ファンデーションを試してみるのもアリですよ。

3.ひげ用の抑毛ローションを使って薄くする

除毛博士
最近では、濃いヒゲ対策アイテムとして抑毛ローションが人気です。抑毛ローションはひげそり後の肌を沈静化させて毛穴を引き締めたり、また生えてくる再生毛の予防する効果に期待できるので青みが薄くなります。

使い方は簡単で、毎回のひげそり後にローションを顔に塗るだけ。

さっと塗るだけなので簡単

それに保湿性も優れているので、アフターローション代わりにもなります。塗った後はひんやりとした冷涼感があるので、とっても気持ちが良いですよ。

>>青髭が薄くなる!ゼロファクター5αspローションを使ってみました

この記事のまとめ

除毛博士
青髭による老け顔を解消する方法として、お話させていただきました。一番手軽で簡単なのは毛抜きによる髭脱毛ですが、毛が太くなったり肌が傷つきやすくなるなどのデメリットもあります。

カミソリでの髭剃りも効果的ですが、その場しのぎにしかなりません。やはり、根本的に薄くするのであれば、抑毛ローションを使うのが一番手軽です。値段は決して安くないですけど、手間や面倒を省けるのは大変助かっています。

ゼロファクター5αspローション使った口コミ・効果です!

2018.10.31